Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kit01/www/wp_yoshiharaai-music/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
歌い方について | 北見市で声楽教室やピアノ教室なら 吉原 声楽・ピアノ教室
北見市で声楽・ボイストレーニング・ピアノを楽しく習うなら、吉原 声楽・ピアノ教室__
ブログ

歌い方について

汗が吹き出るほど身体を使って歌う、120%の歌を体感してほしい!

歌のレッスンで私が心掛けているのは 『その方の120%の力を引き出し 身体、魂で歌ってもらうこと。』 &nbs …

真面目に歌いすぎない

歌は特に、真面目に歌いすぎないこと。     どこか気が抜けているくらいで丁度良い。 &n …

弾き歌い笑顔で

オホーツク社会福祉専門学校にて、幼稚園の先生の卵達にピアノ指導をさせて頂いております。 弾き歌いに関してまず言 …

熱く歌う

イタリア人になったつもりで、 熱く、熱く歌いましょう!   クサイぐらいの芝居、役者さんになったつも …

音と音をつないで歌う

音を音をつないで歌いましょう。   ブツブツ切れないよう、 『み〜あ〜げ〜て〜、ごらん〜』 ↑ 『〜 …

ビブラート5年我慢して本物の声を手に入れる

「ビブラートをかけたいのですが。」   ビブラート 声楽や器楽演奏などで、音の高さを細かく上下に震わ …

高い音も、低い音も同じ位置から声を出す

低い音も高く歌いましょう。 「⁇」と思われるでしょう。     低い音を低くとって歌ってし …

音を最後まできちんと伸ばす

歌を歌うにあたって、語尾をきちんと伸ばしましょう。 意外に適当に伸ばしてしまいがち。 3泊のばすのなら、4泊目 …

歌いすぎない

歌が上手、歌がとても好きな方に多い、「歌いすぎ」。 歌いすぎとは、いわゆる「気持ちの込めすぎ」。 声が出来てい …

高音を楽に出したいなら

高音を楽に出したいなら、楽譜を見て高い音を「高い」と思わないことです。 高いと思うことが、自分の喉を閉め、苦し …

1 2 »
 
PAGETOP
Copyright © 吉原 声楽・ピアノ教室 All Rights Reserved.